エスカレーターでは二列に並んで効率よく使いたい

最近、駅のポスターなどで、エスカレーターでは歩かずに、2列になって使うようにということがかかれていたりします。
以前から、エスカレーターでの歩行は危険とされているし、それが正しい乗り方だというのも、多くの人が知るところでしょう。
しかし、暗黙の了解で、エスカレーターでは、歩いて昇降する人のために、片側を開けておくというのがルールのようになっていますよね。
どれだけ啓蒙活動をしても、このようなすっかり染み付いてしまった習慣を変えていくのは、大変なことでしょう。
実際に、いまでもエスカレーターの片側は開いたままだし、2列になって乗っているときに、後ろから歩いてきた人に舌打ちされたりします。
でも、このつまらないルールのおかげで、エスカレーターは渋滞してしまっているし、目的の階にたどり着くのにも時間がかかっています。
咎めるべきはエスカレーターを歩行する人なのに、2列になって乗っている人が責められるのはなんともおかしな話だと思いませんか。
エスカレーターを歩いて移動すると、他に人に肩や荷物が当たってしまうことがあり、危険だというのは誰もが認識しています。
それに、階段では辛いような長い距離の階段であることが多く、転んだりして危ないのは自分だということもしっかりと認識すべきではないでしょうか。