トーマス・ミューラーが激怒したのは監督の通達の仕方が不満だったのでは

サッカードイツ代表監督レーブ氏より引退勧告を受けたベテランFW、T・ミューラーが激怒したらしいのだがそれは私にとって驚きだった。

なぜなら彼の最近のパホーマンスを見た限りまだ代表チームでやりたいという強い思いが彼にあっるとは思えなかったからだ。

「引退勧告?嬉しい!ラッキー!これでもう代表チームに参加しなくても済むし、代表戦ウイークはしっかり休めるし、」とでも思っているように思えたのだが。

なので私には彼の怒りは単にあからさまな引退勧告が気に入らなかっただけとしか思えないし、その点だけが気に入らなかったのだと思う。

プライド高い男なら誰しもそうではなかろうか?

彼の最近のプレーにかつてのような覇気は全く感じられなかったしW杯南アフリカ大会の得点王だった割にゴールシーンを見ることも少なくなっていた。

最近彼が目立ったシーンとしてはUCLのアヤックス戦での危険なプレーで退場したことくらいだろうか・・・

ドイツの黄金期を担った選手だけに晩節は汚して欲しくないものだが、

少なくともまるで喧嘩別れしてしまったような形で代表を去ってしまった、トルコ系ドイツ人N・エジルみたいな

ことになるようなことだけは避けて欲しいものだ。ミュゼ 鼻下脱毛